子供のコミュニケーション能力を引き出す家庭環境

子供のコミュニケーション能力を引き出すのに家庭環境はとても大切です。育った環境原因で親がコミュニケーションを苦手と感じることがあるかもしれません。ではどのような家庭環境が子供のコミュニケーション能力を引き出すことができるのでしょうか。まずは家庭が何でも話せる雰囲気であることはとても大切です。たとえば学校から帰ってきて今日の出来事について話すかもしれません。そうした時に親は手を止めてよく話をきくことが必要です。今いそがしいからあっちに行ってて、などと言うと邪魔者扱いされているように感じることもあります。そうなると話そうとしなくなり、代わりに友達とコミュニケーションをとることを好むようになります。また話し始めたら最後まで聞くことがポイントです。途中で話しの腰を折ってはいけません。批判しないでとにかく最後まで辛抱強く話を聞くことです。こうしたことにより家ではなんでも話せるという安心感を持つようになります。この安心感がコミュニケーション能力を引き出すことができるのです。また子供によってはあまり話さないタイプの子もいます。そういう場合は質問するなどして、心にあるものを引き出すように努めます。辛抱強く接する必要があります。コミュニケーション能力を引き出すのに親の手本もとても大切です。親がパートナーや他の家族に接するとき、相手の話よく聞き感じの良い話し方をしているなら良い影響を与えることができます。


子供のコミュニケーション能力の育み方

子供のコミュニケーション能力をどのように育むことができるでしょうか。それは始めるのが早いほど効果的です。コミュニケーション能力にはヒアリング力とスピーキング力が関係しています。ヒアリング力とは人の話をよく聞き、相手が何を伝えたいかということを把握する能力です。ヒアリングには相手の話を表面的にとらえることだけでは不十分です。表情や身振りなどから総合的に判断して相手が何をいいたいのかを把握する能力ですのことです。コミュニケーションこうしたヒアリング力を高めることがかかせません。そのためには子供とよく会話をすることです。その際に大切なのは大人のよい手本です。親がよく子供の話を聞くなら、こどもはどのようにして人の話を聞くかを身につけます。また異なる年代の人と触れ合うことができる環境に連れて行きましょう。たとえば親戚や友人が集まる所につれていきます。いつも限られた人とだけ接しているとコミュニケーション能力は伸びません。昔はきょうだいが多いと異なる世代の人と触れ会う機会はたくあんありました。核家族化の影響で家族の規模が小さくなってきたので、あえてこうした環境に連れて行くが必要です。またコミュニケーション能力で欠かせない、スピーキング力を高めるためには語彙を増やすことが欠かせません。たくさんの本を読ませる事により語彙を増やすことができます。毎日の生活の中で自分の考えや感情を表現させるようにしましょう。


職場でのコミュニケーション能力を上げるコツ

高学歴で能力があるのにコミュニケーション能力が欠如している人が増えています。そういう人は職場でもコミュニケーションをはかることが苦手でトラブルを経験することが少なくありません。もちろんそのことに気がつかないこともあります。人間関係を築くことができずに困ることもあり、自分にがっかりしてしまうかもしれません。でもどんな人であってもコミュニケーション能力は上げることができます。特に職場でコミュニケーション能力を上げるコツとはなんでしょうか。まずなにより大切なのは相手の話をよく聞くことです。落ち着いて相手の目を見て話を聞きます。途中でさえぎってはいけません。話を聞き終わったら、わからない点を質問します。そして自分に理解が正しいかどうかを尋ねて確認しましょう。こうした過程を煩わしくかんじるかもしれません。でもコミュニケーション能力を上げるためにはかかすことができません。また用件を伝えるときは、頭の中でまとめてから話すようにします。関係するすべてのことを必ずしも話す必要はないかもしれません。かといって省略しすぎてもいけません。コミュニケーション能力をあげるコツは相手の立場に立って考えることです。コミュニケーションが苦手な人は何度も同じことを言われることがあります。大事なことはこまめにメモを取るようにしましょう。そして常に忘れないようにチェックします。こうした点を意識するなら職場でコミュニケーション能力を上げることができます。